七五三のお祝い 喪中の際はどうすれば?

公開日: : 生活の知恵 ,

喪中の七五三はやってもいい?

2093db6e1e7a1de05db28814c6aed23b_s

内々でお祝する七五三は喪中でも大丈夫です。
ですが、忌中の間は避けるべきです。

SPONSORED LINK

忌中と喪中の違いですが、

一般的には、故人が逝去されてから、四十九日までを 「忌中」と言います。
そして、
逝去されてから、一年間を「喪中」といいます

七五三のお宮参りは、「忌明け」が過ぎてから

008125

四十九日までの忌中期間は、全てのお祝い事は控えましょう。
この期間をすぎれば「忌明け」とまります。
仏教で四十九日、神道では五十日です。

七五三は神社にお参りをする行事ですので
神道のしきたりに習い、
故人が逝去されてから。五十日以降であれば、
七五三のお参りを行ってもよいのです。

七五三がまだ、「忌中」だったら

178550

七五三をむかえる日がまだ「忌中」で
七五三対象のお子さんがいる場合
忌中とは、神道の「穢れ=死を忌む期間」という考え方が
前提となります。
鳥居をくぐってはいけないと、神道では定められております。
七五三のお祝いは、必ずしも「数え年」でなくても構いません。
満年齢であっても構いません

SPONSORED LINK

逝去されてから、一年間は喪中であることには変わりはありません。
ですので、

親類や、故人の近親者への気配りとして
年が明けてから「来年に」というもの選択のひとつです。

まとめ

神社の行事は、日本の長い歴史とともに
私達 日本人の生活によりそって行われてまいりました。

すべて、絶対というきつい決まりではありません。
七五三は、子どもの成長を神さまに、報告し
今後、さらに健やかに成長することを祈願する行事です。

故人の方が、親類であれば、
きっと共に、七五三を喜んでいただけるのではないでしょうか?

しきたりばかりにとらわれる必要もありませんが
解説しました「神道」の定めも無視は出来ません。
判断は、
全ての方に、七五三を祝ってもらえるような観点で
七五三を決めてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

子供の夏風邪 症状と治療のポイントはコレ

「子供の夏風邪は、犬も食わぬ?」 夏になると、子供も大人も予定がいっぱい。海におまつりに・・

記事を読む

ポスパケットとレターパック!違いって一体何!?

ポスパケットとレターパックライト 調べてみると 料金は両方ともに¥360円です。 値段は同じ

記事を読む

入学祝いのお返し「のし」(熨斗)のマナーとタイミング

子どもの小学校入学は、 親にとっては子供の成長をリアル感じることができ、 素直に嬉しく 感

記事を読む

お守りの処分 古いお守りは感謝の心で!

お守りの処分 古いお守りはこうして! 手元にあるお守りは、どうして処分したらいいのでしょう?

記事を読む

小樽水族館へはセット切符で!割引料金楽しもう

春の訪れ、待ちに待った北海道の行楽シーズン到来! 「遊びに行きたいー!!」 でも、あんま

記事を読む

両親へ贈るお歳暮 送り状は必要?文例はこう!

そろそろ、お歳暮の時期。 最近は、 結婚後から 両親にお歳暮を送る人が多いようです。

記事を読む

アスパラのレシピ 人気で簡単に作れる定番はコレ!

アスパラ、レシピ1番人気はお弁当の定番、 アスパラのベーコン巻き、 豚肉のアスパラ巻き!!

記事を読む

花火大会 浴衣でデートの持ち物はこの8つ

花火大会 浴衣でデートは持ち物が大事、 浴衣でお出掛けの持ち物ポイントを紹介♪ 花火大会、大

記事を読む

赤ちゃんの飛行機 耳抜きのタイミングと泣かない過ごし方

あかちゃんと実家へのはじめての帰省 この子は、大丈夫だろうか? 何かと心配な赤ちゃん

記事を読む

のし袋、お祝いの場合の選び方、おさえておきたい2つの基本ポイント

お祝い事には欠かせないのし袋。 お祝いなら全部同じのし袋でもいいの? のし袋、どう選んだらい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

七五三 のし袋 表書きはこれだけ!内祝い のし はどうする?

七五三 のし袋 書き方をまとめました。表書きは「初穂料」(初穂料)と記

北海道神宮で七五三 祈祷の料金 お参りに予約は必要? 記念写真や 貸衣装について

北海道神宮への七五三。このお祭り 七五三祭は10月15日 です。 北

神道 香典 袋の選び方とお葬式のマナー

突然のご不幸。駆けつける先が、神道だった場合。気をつけたいのが、そのル

レターパックはコンビニで買おう!

レターパックはコンビニで買おう! レターパックは、封筒付きで、速

おせち料理 由来と詰め方ガイド 2016

お正月のごちそうといえば「おせち料理」 毎年、頂いているおせち料理で

→もっと見る

PAGE TOP ↑