丘珠空港への行き方

公開日: : 未分類

丘珠空港への行き方

札幌市内から丘珠空港へはバスが便利です。

「路線バス」については北海道中央バスが運行し、

「連絡バス」については北都交通が運行しています。
●北海道中央バス(飛行機の出発時刻に合わせて運行しているわけではありません)
中央バス札幌ターミナル札幌駅北口26番線 ⇒丘珠空港 所要時間30分(400円)
●北都交通(飛行機の出発時刻に合わせて連絡バスを運行しています)
4月~11月:札幌駅南口⇒丘珠空港 30分(400円)
12月~3月:地下鉄栄町駅⇒丘珠空港(連絡バス運行予定)5分(210円)

*地下鉄栄町駅へは地下鉄東豊線さっぽろ駅から11分(250円)です。

 

連絡バスは12月~3月は札幌から丘珠空港への直行便が運行されませんので、

気を付けてくださいね。

【時刻表】

交通アクセス札幌駅⇒丘珠空港-

*変更される場合もあるので、各社関連ホームページでご確認ください。

 

 

丘珠空港、使いこなせるととっても便利ですよね。

札幌観光の後に「函館の夜景を見に行こう!」も夢じゃありません。

北海道の空と旅を丘珠空港で満喫しましょう。

丘珠空港1

【丘珠空港は札幌中心部から6キロの場所】

丘珠空港は札幌中心部から6キロと近い場所にあります。

定期便は北海道エアシステム(HAC)と日本航空(JAL)が、

函館、釧路、利尻、三沢(八戸)の4路線を運行しています。

函館まで20分程、釧路まで50分程、利尻まで1時間程、三沢まで1時間程、

飛行機ならあっと言う間です。

ターミナルビルの売店には空港オリジナル商品もありますよ。

 

隔年、空の日(9月20日)に開催されるイベント、

「航空ページェント」で有名な飛行場ですが、

最近、観光で利用する方々も多く、ますます身近になっている丘珠空港。

あなたも北海道の空を旅してみませんか。

丘珠空港2

SPONSORED LINK

関連記事

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

記事を読む

no image

北洋銀行 年末年始の窓口及びATM営業日

【窓口営業日】 年末12月30日(火)迄、年始は1月5日(月)から営業 【窓口休止日】

記事を読む

no image

忘年会は屋形船が人気!出発は浜松町

忘年会でも人気の屋形船。 いつものメンバーでいつものお店も居心地は良いかと思いますが、

記事を読む

no image

喪中 年賀状の返事 絶対に失敗しないポイント

年末、突然の親類の不幸に見舞われた時。 友人や知人に喪中のお知らせも出せないまま、 お正

記事を読む

no image

秋田 なまはげ祭りの魅力

秋田県男鹿半島 みちのく五大雪まつり なまはげ柴灯(せど)まつり   「

記事を読む

no image

年越し蕎麦 簡単に出来るレシピ

大晦日、一年の締めくくりに食べると言えば、 年越し蕎麦ですよね。 大掃除を終えて、テレビ

記事を読む

「お正月飾り」の 飾り方 処分の仕方や外す時期は?

新しい年を迎える正月飾り 新年を迎えるにあたり、「お正月飾り」は欠かせないものです。 「

記事を読む

no image

足の指が腫れて痛い!!

足の指、親指や薬指等が腫れてしまい、痛くなった経験ありませんか? 足の指が少し痛いなと感じたりした

記事を読む

no image

新入社員が歓迎会で挨拶 ここがポイント

新入社員が歓迎会で挨拶 入社シーズンの季節になってきますと、 新入社員になる人は新しい生

記事を読む

no image

寒中見舞いは、いつまでに出せば?

寒中見舞い(かんちゅうみまい)は、日本の慣習の一つで、 寒さ厳しい季節に送る挨拶状、お便りの一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
七五三 のし袋 表書きはこれだけ!内祝い のし はどうする?

七五三 のし袋 書き方をまとめました。表書きは「初穂料」(初穂料)と記

no image
北海道神宮で七五三 祈祷の料金 お参りに予約は必要? 記念写真や 貸衣装について

北海道神宮への七五三。このお祭り 七五三祭は10月15日 です。 北

no image
神道 香典 袋の選び方とお葬式のマナー

突然のご不幸。駆けつける先が、神道だった場合。気をつけたいのが、そのル

レターパックはコンビニで買おう!

レターパックはコンビニで買おう! レターパックは、封筒付きで、速

おせち料理 由来と詰め方ガイド 2016

お正月のごちそうといえば「おせち料理」 毎年、頂いているおせち料理で

→もっと見る

PAGE TOP ↑