木へんに冬の漢字を総特集。なぜこの組み合わせになるのか由来から名前まで

木に冬と書いて柊 【ひいらぎ】 と読みます。

「柊」ってなんて読むのかわからなくて、漢和辞典で調べてみました。調べてみると、「柊」には以外にも深い意味や伝統がありました。漢字の成り立ちや名前の活用例まで、
興味本位ですが、深堀りしてまとめてました。節分に柊が鬼退治に大活躍! お名前での活用もしっかりありました。意外と身近な存在の 【ひいらぎ】の大特集です。

写真の様な葉っぱがぎざギザの樹木です。

柊(ひいらぎ)漢字の由来

漢字の成り立ちは、『木』と『冬』が組み合わさった漢字。柊は、木が立っている様子を表した 『木』
『冬』は、糸の端を結んだ様子を表したもので、『ものの端』という意味です。

末端という意味から、一年の最後の季節である『冬』に用いられています。柊が花を咲かせるのは11~12月ごろです。冬に花を咲かせる木という意味で『柊』という名前が付いたとされます。
柊(ひいらぎ)の由来なんですが、この植物 1年中緑の葉が茂っている『常緑樹』なのですが固くとげのような鋭い切り込みがある葉がのが特徴です。
葉がとげとげなので、これを古語でいうと 刺さるとヒリヒリ痛むことを意味する古語の『疼ぐ(ひいらぐ)』が由来だと考えられています。

魔よけ、厄よけに使われた、柊(ひいらぎ)

柊は、古くから『魔よけ』や『厄よけ』に使われてきました。邪気払いの意味があるのは、どうして、なんでしょう?

【節分】の時のお飾りに『柊鰯(ヒイラギイワシ)』があります。みなさんは、ご存知ですか?柊鰯(ヒイラギイワシ)は、節分の際、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺して、玄関先などに飾る風習です。

疼(ひいらぎ)は、『鬼の目突き』という別名もあります。鬼が柊の葉のとげに目を突かれ逃げて行った。また 枝に 鰯の頭を刺すのは、臭いの強いものなのでこれも、魔よけになると考えられているためです。

クリスマスの装飾を思い出しますが、実は柊(ひいらぎ)とは別物

「柊」の意味 葉のふちにトゲトゲを持つ事が特徴中国の南部が原産です。 よくクリスマスリースに使われるのを思い出しますが、これは「セイヨウヒイラギ」
 同じ、ヒイラギという名前がついていますが、 モチノキ科の植物でちょっと異なる種類の様です。

柊(ヒイラギ)の用途・使い方

それほど大きくない木なので、庭木としても垣根などに使われます。ドゲドゲの葉っぱを生かて防犯用としても効果的と考えられています。木材の部分は、主に木材加工品に使われるのですが、櫛(クシ)やそろばんの玉など 硬い木の性質を生かした加工品が多いです。意外と身近なものに使われていますね。

柊を使った名前はなりますか?

「柊」は日本の姓名にも使われることがあります。それは男性用の名前と女性用の名前があり、それぞれ異なる意味を持っています。

男性用の柊は

「柊」「ひいらぎ」「柊太郎」「柊次郎」「柊三郎」などがあります。
「木の枝」「枝」「枝を持つ者」「枝を持つ三男」などの意味を持っています。

女性用の柊は

「柊」「ひいらぎ」「柊子」「柊美」「柊花」などがあり、それぞれ「木の枝」「枝」「枝の子」「枝の美しさ」「枝の花」などの意味を持っています。

柊 (ひいらぎ) 名前に使われた、願いとは

男性用の名前や女性用の名前ともに、「木の枝」「枝」などの意味を持っているため、「木の枝」の様に「頑強であること」それは、「根気があること」「茂った人生を送ること」などを願うことが多いと言われています。

また、「柊」はクリスマスにも使われることも多く、「幸せな家族を持つこと」「幸せな人生を送ること」などを願うとも考えられています。

まとめー以外に身近な存在だった柊

「柊」  読み方さえわからなかった「ひいらぎ」 ですが、意外と身近な存在の植物でした。柊の葉っぱの特徴から生まれた伝統や活用法もあり、更には人名でも使われるのは驚きでした。日本は四季折々。普段つかわない漢字は読みもふくめて、わからなくても、ついついそのままにしがちですが、今後はできるだけ明解にしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました